• TOP>
  • 新しい働き方 DAIDO-style

大同生命では、男女問わず従業員一人ひとりが仕事を心から楽しみ能力を最大限に発揮できる風土作りのためにDAIDO-style(新しい働き方)を実践しています。



ワーク・ライフ・バランスの実現

■パソコンの自動シャットダウンと早帰りデーの設定

パソコンの自動シャットダウンや早帰りデーの設定により、ワーク・ライフ・バランスを実現しています。

■テレワークの推進

在宅での勤務を導入し、多くの従業員が利用しています。
育児・介護や通勤時の負担が大きい妊娠中の女性への活用も促進し、生産効率の向上とワーク・ライフ・バランスの推進に取り組んでいます。

■有給休暇の取得推進

5営業日を含む7日間の連続休暇を取得する「計画年休」制度のほか、毎月1日以上の有給休暇取得を推奨する「プラスワン休暇」制度等を通じ、有給休暇の取得を促進しています。

ITツール

■Web会議・TV会議

■Web会議・TV会議

ノートPCを使用して各拠点をつなぐWeb会議により、いつでもだれとでも自由なコミュニケーションを図れます。また、資料はすべて共有の環境からノートPCで確認するため印刷や配布も不要、必要な情報もその場で確認でき、事前準備の負担を軽減。スムーズな会議運営を実現します。


■ナレッジ共有 ー 社内SNS

■ナレッジ共有 ー 社内SNS

各自の電話を固定電話からスマートフォンに変更し、離席時の電話取り次ぎ・伝言メモを削減するなど業務を効率化し、生産性を高めます。また、社内SNSを活用したメンバー間で効果的・効率的に情報を取得し、コミュニケーションの活性化・意思決定のスピードアップを図ります。


■モバイル営業端末(エース・ウィズ)

■モバイル営業端末(エース・ウィズ)

専用モバイル端末により、お客さまへのコンサルティングから、商品提案、ペーパレス手続、ご契約後の各種手続にいたるまで、ワンストップの対応が可能です。
また、生保業界で初めて、法人のお客さまの端末手続きを実現して、お客さまのご記入・押印を大幅に削減し、手続き時のお客さまのご負担を軽減しました。この申込手続きデータを端末から直接送信することで、書面の確認や送付などの中間事務を軽減し、事務処理を大幅に削減しました。


機能的なオフィス

コラボレーションエリア
■コラボレーションエリア

100 名程度が集える「コラボレーションエリア」は、部門や世代の壁を越えたコミュニケーションを促進します。ファミレス型の「ボックス席」や、プロジェクター投影可能な「フレーム席」など、ミーティングの目的に応じて選べる多彩な什器を配置し、自由な発想や意思決定の迅速化を図ります。

ワークフロア
■ワークフロア

執務スペースにおいても、周囲の雑音から離れて作業に集中できる「集中スペース」、ちょっとしたミーティングが即座に行えるテーブルなど様々なワークシーンに対応しています。

■健康経営優良法人~ホワイト500~に認定

大同生命では、従業員が心身ともに健康でいきいきと働ける職場の実現に向け、パソコンの自動シャットダウンや早帰りデーなどの労働時間縮減への取り組みや、心拍数・歩数など普段の活動状況を測定できるウェアラブル端末の提供、禁煙デーの設定など、従業員の健康増進を図るための各種取り組みを行っています。
その実績が認められ、第一回認定の大規模法人部門(ホワイト500)において「健康経営優良法人2017」に認定されました。

健康経営優良法人認定制度の概要

経済産業省が従業員の健康増進に取り組む「健康経営」の普及を目的に、特に優良な「健康経営」を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

ページトップへ