全国型

資金運用部
グローバル・
フィクストインカム担当

PROFILE

自慢したいものは「同期」と語るほど同期と仲が良く、その絆を大切にしている。仕事では、営業(代理店担当)、資産運用企画を経て、資金運用部に。目標は「資産運用のプロ」になること。

お客さまからお預かりした保険料を運用し、収益の獲得を目指す

入社後、福島TKC営業部にて3年間営業(代理店担当)に携わった後、運用業務課へ異動、2021年より資産運用のフロントである資金運用部に配属となりました。
資金運用部は、お客さまからお預かりした保険料を「運用」する部署の一つで、私は海外の国債を運用するチームに所属しています。具体的には、海外経済の動向や政治情勢、市況の変化などを踏まえて先の見通しを立て、「どのような運用を行えば、より収益をもたらすことができるのか」という観点から、日々投資計画を検討し、取引の実行を行っています。また、既存の投資戦略にとらわれない、新たな運用戦略の調査・検討・導入もチームの重要なミッションとなっています。

業務を通じて社会や経済の“今”を知ることができる

投資業務を遂行するためには、様々な国の経済や政治情勢、投資家動向などを把握しておくことが必要です。日々のニュースや要人の何気ない発言一つで市場は大きく変動するため、普段から様々な情報にアンテナを張ることを意識しています。こうした取り組みをすることは、社会や経済の“今”を知ることにもつながり、やりがいのある仕事だと感じています。
投資判断にあたり、先の見通しを立てることは難しいですが、「こういう結果になったら、こういう判断をしよう」と複数のパターンを想定しておくことで、スムーズな対応ができるよう心がけています。
職場は若手が意見を発しやすい環境で、自分の意見が業務に反映されることも多くあります。仕事の内容に関わらず、根拠のある提案をすれば上司は真摯に受け止めてくれますし、その提案が受け入れられることで、大きな達成感が得られるのも働きがいにつながっています。

いつかは、資産運用のプロと呼ばれる存在になりたい

私は、仕事を進めるうえで“攻め”と“守り”の両方を大切にしています。私たちが運用する資金の原資は、お客さまからお預かりした大切な保険料です。大切な保険料を “守る”ため、根拠にもとづく安定的な投資が行えるよう努めています。一方で、大切な保険料をより価値のあるものにするため、「もっと良い投資戦略はないか」という“攻め”の姿勢も大切にしています。
将来的には、運用資産の責任者であるIO(インベストメント・オフィサー)になることが目標です。「資産運用のプロになりたい」という熱い想いをもってこの部署への異動を希望し、実務経験を通じてその想いはさらに強くなりました。これからも様々なことを学び、経験し、いつか「資産運用のプロ」と胸を張って言えるように、日々精進したいと思います。

ONからOFFへSWITCH!

  • ON
  • OFF
  • テレワーク
Q1

休日の過ごし方は?

土日のうち1日は外出、1日は家に引きこもることが多いですね。出かける日は一人でカフェや温泉施設に行ったり、友人と飲み会をしたりして過ごしています。家に引きこもる日は、のんびり料理や読書、映画鑑賞を楽しんでいます。

Q2

これだけは負けない
あなたの自慢は?

同期です。同期とは、平日だけでなく休日も一緒に過ごすことが多いです。今後も、同期との絆を大切にしていきたいと思っています。

Q3

座右の銘は?

「継続は力なり」です。あまり器用ではないので、新しいことに挑戦する際は人よりも時間がかかることが多いですが、毎日一歩ずつでも進むことを大切にすれば、必ずゴールにつながると信じています。

Q4

最近のマイブームは?

学生時代から料理が好きで、最近は餃子作りにハマっています。時間があれば、皮から自分で作ることも。同期で餃子パーティーができたらいいなと思っています。

Q5

プライベートで挑戦したいこと

何かスポーツに挑戦したいと思っています。リモートワークが進み、家から出ないで過ごす日も多いので、健康のためにも始めたい…。また、以前小籠包を皮から手作りしたのですが、満足いく出来ではなかったので、リベンジしたいと思っています。

学生の皆さんへのメッセージ

たくさんの会社を見て、たくさんの人と出会ってほしいですね。私は就職活動を始めた当初、生命保険業界への就職は考えおらず、業界で説明会に参加したのは大同生命を含めて2社のみでした。様々な業界を幅広く見た結果、何気なく説明会に参加した当社のビジネスモデルに興味を持ち、入社することを決めました。これほど多くの会社を見て、多くの社員と会える機会は就職活動くらいだと思うので、この機会を大いに活用してほしいと思います。

MESSAGE

※所属部署は取材当時のものになります。