地域型

保険金部 保険金課

PROFILE

入社後、保険金課に配属され、現在に至る。入社の決め手は「人の良さ」。採用担当や座談会、面談などで会った社員の真摯な対応に「一緒に働きたい」と感じたことが理由。今も、その時の印象は変わっていない。

重大な判断だからこそ
正確に、早く、簡単に

お客さまから提出される診断書の内容を精査し、死亡保険金・高度障がい保険金・重大疾病保険金などのお支払いに関する業務を担当しています。保険金をお支払いできるか、できる場合はいつごろなのかといった判断は、お客さまの今後を左右しかねない重要な判断です。保険金部全体で、お客さまにとって「納得性のあるお支払い」と「早く」「簡単に」保険金をお受け取りいただくことを目標に掲げています。私自身もお客さまに「最高の安心」と「最大の満足」を少しでも早くお届けできるよう、他社の保険金支払い査定を担当している方々との勉強会に参加するなど、プロフェッショナルを目指して取り組んでいます。

保険という商品が
形になる瞬間に立ち会う

保険は目に見えない商品と言われますが、保険金のお支払い業務は保険という商品が形になる瞬間です。お客さまにとっては、この時に初めて「入っていてよかった」と感じていただけるわけです。また、保険会社にとって根幹となる業務ですから、とてもやりがいがあります。営業と異なり、本社業務はお客さまと直接関われる機会が少ない業務がほとんど。そのなかで、支払査定を行ったお客さまや支社の営業担当者から「早くお支払いしてくれてありがとう!」と感謝の声をいただけます。そんなとき、日々の業務がお客さまに直結していることを実感します。

知識を蓄え
正確な保険金支払いを目指す

死亡保険金等をご請求されるお客さまは、突然の出来事で悲しい思いをされている方や、今後の資金繰りに困っている方がほとんどです。そのなかで私は、一人前の査定担当者となって早く困っている方々のお力になりたいと思っています。しかし、保険金を正確にお支払いするためには、死亡原因や病気の知識・理解が必要です。私自身は教育学を専攻していたことから医療知識を持っておらず、入社して初めて聞いた病名もあるほど。そのため、業界資格である支払専門士の資格取得をはじめとした自己啓発に取り組んでいます。それは、お客さまの安心している姿を見続けるための私の挑戦です。

ONからOFFへSWITCH!

  • ON
  • OFF
Q1

これだけは負けない私の自慢

「元気さ」が自慢ですが、それだけでなく、学生時代にやっていたバスケットボールで培った根性と負けず嫌いな点は自慢できるレベルだと思います。それこそ「誰にも負けない」ほどの「負けず嫌い」です(笑)。

Q2

休日は何をして過ごしている?

体を動かすことが好きなので、休日はアクティブに過ごしています。ランニングは毎週末欠かさず、ひと汗かいた後は買い物やドライブ、友人との飲み会へ。外に出かけることでリフレッシュをしています。

Q3

最近のマイブームは?

社会人になってから運動不足が続いたこと、お金をかけずに手軽にはじめられることから、ランニングをはじめました。先日はハーフマラソンに挑戦して無事に完走。次はフルマラソンに挑戦したいです!

Q4

座右の銘は?

中学時代の恩師から教わった「4Kの志~謙虚・向上心・協力・感謝~」です。「謙虚」でいると「向上心」が芽生え、努力をしていると周りが「協力」してくれる。すると「感謝」の気持ちが芽生え、常に「謙虚」になれる。すべてが循環しているのです。

Q5

学生時代の自分へのメッセージ

学生時代にやっていたことが、社会人になってから生きていると感じることが多くあるので、「そのまま、やりたいことを後悔ないよう全力で取り組んでください!」と伝えたいです。

学生の皆さんへのメッセージ

就職活動は、今後の人生を決める大きなイベントです。SNSなどインターネットで多くの情報が溢れていますが、周りの情報に流されず、「自分の目で見る、自分の耳で聞く、自分で足を運ぶ」ことが大切です。自分自身で感じることで、いつか必ず、自分が働く姿が想像できる企業が見つかると思いますし、そうやって選んだ会社なら、入社してからのギャップが少ないと思います。一度きりの人生だからこそ、就職活動も後悔のないよう全力で取り組んでください。みなさんの夢が叶うよう応援しています!

MESSAGE