全国型

主計部 主計課

PROFILE

入社後、主計課に配属となり3年目を迎える。責任準備金の算出や集計を担当。
買い物をするときはネットで徹底的に調べてから購入するようにしている。仕事もプライベートも情報収集は欠かせない。

難しくとも
知識が増えていく楽しさがある

予算管理や決算業務を行う主計課にて、責任準備金の算出、集計を担当しています。責任準備金は保険会社が将来の保険金や給付金を支払うために積立てるもので、保険会社において負債の大半を占める重要な項目。算出には非常に気を遣います。期末に積み立てておくべき責任準備金の額は商品ごとに細かく定められており、システム部署と連携しながら決算毎にシステム値を集計。さらにその値が正当であるかどうかの検証も行います。身に付けなければならない知識が非常に多いのですが、1つずつ知識を蓄え、わかることが増えていく楽しさがあります。

新たな業務に
自らチャレンジ

まだまだ覚えるべきことはたくさんありますが、上司に「この数値がなぜこのような動きをしているかを調べて」と言われ、自分なりの分析を報告できたときに成長を感じました。今年はそれに加え、予算管理に関わる仕事の一部に立候補。新しい業務に挑戦しました。本質を理解していなかったためにミスが発生し、何度もくじけそうになりましたが、周りからの温かいサポートを受け、無事終わらせることができました。予算管理の業務を知ることで、幅広い知識と視点に触れることができたと思います。アクチュアリーとして成長を実感できたのと同時に、さらに成長すべく挑戦を続けていきたいですね。

同期や後輩から
頼られる存在を目指して

入社3年目で分からないことばかり。目の前の仕事をこなすことで精一杯になりがちなのですが、「どんなに難しい仕事でも粘り強く取り組む」ことをモットーに、業務に取り組んでいます。そして、私自身がそうなりたいと思っているのですが、どんなことにも積極的にチャレンジする人と一緒に仕事をして、切磋琢磨していきたいですね。精一杯チャレンジしたのなら、結果が失敗でも得られるものはあると思うからです。
そうやって知識と経験を増やしていき、いずれは同期や後輩から「わからないから野中に聞こう」と言われるような、頼られる存在になることが現在の目標です。

ONからOFFへSWITCH!

  • ON
  • OFF
Q1

私ってこんな人

こんな顔をしていますが、実は寂しがり屋で繊細です。休日は1人でゆっくりするのが好きな割に、誰かと最低1時間はお話をしていたいタイプ。定期的に友人に電話をかけたり、会って話をしたりしています。

Q2

休日は何をして過ごしている?

心と体をリフレッシュするよう心がけています。寂しがり屋ではあるものの、映画鑑賞や銭湯など、1人で何も考えずにゆっくりして、幸せな時間に浸っています。とはいえ、人と会うのも大好きなので、夜は友人や会社の同期とよく飲みに行きます。

Q3

これだけは負けない私の自慢

体を動かすことが好きなので、野球やサッカー、バスケットボールなどが得意。球技の総合力なら誰にも負けません!ただ最近、会社の先輩方から頬骨がチャームポイントだと言われます。一番の自慢は頬骨の大きさかも?

Q4

座右の銘は?

当たり前のことを当たり前にできる人間になりたいので、「凡事徹底」を挙げます。社会人ならば、締切管理や相手への気遣いなどはできて当たり前。それが当たり前にできる能力がとても重要だと感じています。

Q5

プライベートで挑戦したいこと

社会人になってからスポーツをする機会が激減。反比例して、体重が増加しています。ソフトボールを続けていたのですが、入社してから辞めてしまったので、草野球ならぬ草ソフトボールのチームを探して挑戦しようと思っています。

学生の皆さんへのメッセージ

就職活動中、私は「面接は緊張するし、嫌だなぁ」と毎回思っていました。しかし、これだけたくさんの人とお話する機会は滅多にありません。短い時間であっても、出会った1人ひとりの考え方や生き方を知ることができ、自分はどのような会社で働きたいのかを考える大切なヒントとなります。学生時代の自分に一言送るなら、「もっと外に出て、会話を交わしてこい」と言いたいほど。真剣に考え、悩んで悩み抜いた経験は、人生において宝物になるはずです。

MESSAGE