全国型

商品部 商品数理課

PROFILE

入社後、主計課にて決算業務に必要となる各種数値の算出や分析を担当。入社4年目で、現部署に異動し、現在4年目。2018年、アクチュアリー試験に合格し、同部署のみならず当社唯一の女性アクチュアリーとして活躍中。

保険に関する数値を任される
プライシングアクチュアリー

プライシングアクチュアリーとして、保険料などの算出、設定をしています。アクチュアリーは、保険会社ならではの専門業務で、私は新商品の保険金支払額などの推定や、お客様へ保険金支払を確実に行える保険料などの設定をしています。また、その商品の収益性を試算し、利益率などの定量的な検証も行っています。そのほか、主計部や総合リスク管理部などへの新商品の内容説明、商品認可を得るための金融庁折衝なども業務の範囲です。社内システムで保険料などの自動計算が行えるよう、システムの仕様策定や数値検証も行っていることから、保険商品開発に関する数値全般を担っていると言えます。

「モノづくり」の醍醐味がある
保険商品の開発

配属3年目のころ、競争力の落ちた商品のテコ入れのため新商品の開発を担当しました。タイトなスケジュール、私自身の経験値の低さなど不安なことばかりでしたが、いくつものハードルを乗り越え、新商品発表にこぎつけた経験は、今の私の自信につながっていますし、アクチュアリー受験の原動力となりました。保険商品はモノとして実物があるわけではないため、売上を左右するのは営業の手腕にかかっていると思われがち。しかし、近年では多彩な保険商品が登場し、商品そのものの魅力も大きな要素となってきています。これまでにない保険商品が求められるなか、経験と知識を元に、皆の力を結集して保険商品をつくりだす過程は、「モノづくりの醍醐味」といえます。

穏やかな社風が好き
気軽に話せる人間関係

当社は、人が穏やかで、会社の雰囲気も穏やか。金融業界でイメージしていたような男性社会な面もなく、上司や先輩と気軽に話ができる職場です。人間関係に恵まれていると感じていますが、働く環境そのものも気に入っています。特に、2015年に東京本社が日本橋に移転して設置された「コラボレーションエリア」は開放的なスペースがあり、そこで気軽に打ち合わせできるのが良いですね。最近では、無料の給茶機が設置され、なんとメニューにみそ汁があるので重宝しています。みそ汁を飲みながらの打ち合わせは、意外と良いアイデアが出るんですよ。

ONからOFFへSWITCH!

  • ON
  • OFF
Q1

私ってこんな人

全国型の女性というと、バリバリ働くキャリアウーマンのイメージがあるかもしれませんが、私はその対極で、争いごとが苦手な、気弱でのんびりした人間です。当社の穏やかな雰囲気は私に合っていると思っています。

Q2

あなたの自慢は?

周りの人に恵まれていることが自慢です。人見知りのため仲良くなるまでに時間がかかりますが、そんな私と仲良くなってくれた方とは長いお付き合いをさせていただいています。職場の人とプライベートで遊びに行くこともあり、すべての方が私にとっての財産です。

Q3

休日は何をして過ごしている?

アクチュアリー試験合格を目指していた頃は、遊びの予定を極力抑え、昼から夕方までひたすら勉強していました。合格後は、夫や友人たちと観光や買い物、食事会などとアクティブに出かけています。

Q4

座右の銘は?

ポジティブな意味の「逃げるが勝ち」です。例えば、不要で無駄な作業から逃げる。エクセルのマクロやシステムを活用して面倒な手作業から逃げる。重要度の低いことから上手に逃げることで、本当に逃げてはいけない場面で踏みとどまり、向かい合えることができると思います。

Q5

プライベートで挑戦したいこと

学生時代からずっと勉強してきたアクチュアリーという分野は、すでにプライベートと切り離せない存在です。休日であってもしっかり勉強の時間をとり、さらなる知識向上に挑戦していきます。

学生の皆さんへのメッセージ

学生時代、就職して働くことは、どこかで「生活のために、仕方なくやること」だと感じていました。でも、実際に社会人として働くようになると、意外と楽しくてびっくり。自分に合った社風の会社で、自分にあった仕事だからかもしれません。是非、前向きな気持ちで就職活動をして、納得いく会社に入って、社会人なりの楽しさを感じてほしいです。また、女性のアクチュアリーはまだ少ないのですが、資格職である点、男女での不利の差ができにくい職業である点からも、女性にももっと目指してほしい資格です。試験は難関ですが、諦めずに頑張ってほしいです。

MESSAGE