地域型

人事総務部 人事課

PROFILE

入社後から現在まで人事総務部人事課に所属。スピード感をもって仕事に取り掛かることを大切にしている。最近のマイブームは、占いでラッキーカラーと言われた黒いアイテムを収集すること。見かけるとついつい買ってしまう。

5年目でも
新たな気付きのある仕事

人事課では、人事異動、要員管理、人事評価、人事制度の企画・運用、採用など、人事に関する様々な業務を担っています。そのなかで私は、人事異動や人事評価を進めるためのデータの集約・分析、人事管理システムの整備、仕事と家庭の両立支援制度の運営を担当しています。毎年、チームの役割が分担・決定されるため、まだ経験したことのない業務に携わることもあります。5年目となった今でも新たな気付きがたくさんあり、難しさとやりがいを感じます。また、両立支援制度の運営では、従業員の育児・介護休職、短時間勤務制度などに関する手続きや問い合わせに対応しています。

チーム一丸となって
乗り切る達成感

人事の仕事は一定期間に、集中的に業務が発生します。例えば、年度始めの人事異動や新入社員の配属、評価、昇格に向けた業務は1月から5月にかけて。5ヵ月間にもわたる一連の業務をチーム一丸となって乗りきったときは、計り知れない達成感があります。また、会社にとって最も重要な財産である「ヒト=従業員」がより力を発揮できる環境の提供に寄与していることも、確かなやりがいです。今後は、周囲の人をうまく巻き込みながら颯爽と仕事をこなせるリーダーになるのが目標です。そのためにも、担当外の業務にも視野を広げ、常に当事者意識を持って周囲の人と一緒に考えていきたいです。

新しい業務が
自身を成長させる

入社3年目のとき、人事課メンバーが異動となり、これまで担当していた業務に加えて、両立支援制度の運営や従業員の出勤状況管理の業務も担当することになりました。新しい業務を担当すると気付くのですが、同じ人事業務であってもこれまで担当外だった業務については分からないことが多く、問い合わせがあるたびに調べたり、上司や法務に相談したり。改めて就業規則や規程、関連する法令を読み込み、勉強しました。携わる業務が増えたことで、限られた時間の中で業務をこなすにはどうしたらよいのか、作業の見直し、効率化も進めました。多くの仕事を経験することで業務の幅が広がり、自身の成長につながったと実感しています。

ONからOFFへSWITCH!

  • ON
  • OFF
Q1

私ってこんな人

疑問に思ったことは何事も調べつくす性格。知りたいことがあると、積極的に人に聞くようにしています。仕事においても、タイミングを見ながら、上司や先輩、関係する他部署の方々などにとことん質問して教えていただいています。

Q2

休日は何をして過ごしている?

休日は友達と美味しいものを食べながら、何時間でも話しています。ヨガや散歩など、外に出ることが好きですが、ときには疲れて一歩も外に出たくない日も。そんなときは、家でドラマや映画を観ながらのんびり過ごしています。

Q3

これだけは負けない私の自慢

小学校の6年間、書道を習っていました。ですので、読みやすい文字を書くことなら負けません。習っていたころは指にペンだこができるのが嫌だったのですが、社会人になり、人前で文字を書く機会が増え、習っていてよかったと思っています。

Q4

学生時代の自分へメッセージ

社会人になって見習いたいと思ったのは、上司や先輩の会話の引き出しの多さ。学生時代のうちに多くの人と出会って、価値観や考え方、視野を広げておくといいよ、と伝えたいです。

Q5

プライベートで挑戦したいこと

体力づくりに取り組みたいです。仕事がデスクワークなので運動不足になりがち。1日の終わりに軽いストレッチはしているのですが足りないと思うので、簡単で効果的な筋トレを探しているところです。

学生の皆さんへのメッセージ

就職には多くの選択肢があります。選択が自由だからこそ、目先のことや固定観念にとらわれず、長い目で見てどのように働きたいか、自分自身としっかり向き合ってイメージすることが大切です。就活中は周囲と自分を比べて焦ってしまう時期もありますが、長い人生の中では一瞬の出来事。焦ってもよい結果が生まれるはずはなく、少しでも興味ある会社に足を運び、色々な社員の方と話すことをお勧めします。自分の選択が正解だったかどうかは、その後の自分次第。あとで振り返った時に、納得できる過程になるよう頑張ってください。応援しています!

MESSAGE