全国型

業務部 業務課

PROFILE

茨城TKC企業保険支社へ配属され、社会人としての基礎、営業に必要なマインドを学ぶ。2016年から現部署へ異動。幼いころからサッカーに親しみ、小中高ではサッカー部、大学でもサッカーサークルに所属していたスポーツマン。

自分の想いを込めて
営業をサポート

商品やサービスに関する販売施策を企画・立案し、営業の活動をサポートしています。最近では、お客さま訪問時のツール制作を担当しました。著名な書道家に揮毫いただいた言葉のイメージをパッケージにしたところとても好評で、当社を知っていただくきっかけづくりに貢献できたと感じています。自分の思いや考えを施策に込めることができ、改めてやりがいを感じた経験でした。そのほか、提携する損害保険会社などとの協働、テレマーケティング、経営者向けサイトの運営など多岐に渡る業務も行っています。

何のために、
誰のために働くのか

入社して数ヵ月の頃、当時の支社長からいただいた言葉は、今も仕事の根幹として大切にしています。当時、仕事がうまくいかず、モチベーションが下がってしまったことがありました。その時、「何のために、誰のために働いているのかを考えよう。働く目的や動機は、自分のためだけじゃない。お客さまやお世話になっている税理士のため、という想いもあるはず。誰かのために仕事ができる強い営業マンになりなさい」と言われ、誰かのために一生懸命になることが、モチベーションアップにつながるのだと気付かされました。その後、上司に全国1位の表彰台へ上がっていただくため、チーム一丸となって取り組み、実現させた原動力になりました。

個人の目標ではなく
皆に貢献したい

入社当初、「将来の目標」を聞かれたときは、会社組織において最高峰である社長を目指したいと思っていました。しかし、これまで指導いただいた上司の方々を見ているうちに、そんな自己満足的な目標はなくなりました。「大同生命という会社が好きで、会社に貢献したい。当社に関わるすべての人たちに貢献したい」と思うようになり、その気持ちは年々強くなりました。その舵取りや判断ができる人材になるのが今の目標です。
自分の業務に対して熱を持ち、チーム全体を一緒に熱くしてくれる方と仕事をしてみたいですね。

ONからOFFへSWITCH!

  • ON
  • OFF
Q1

私ってこんな人。

予定のない休日には無理やり予定をつくって外出するほど、暇が嫌いです。また、気に入ったものは飽きるまで続けるので、外食時は冒険せずにいつもと同じものを頼むことがほとんど。ついでに言うと、来るもの拒まず、去るもの追うタイプです。

Q2

休日は何をして過ごしている?

2歳になる息子がいるので、基本的には家族3人で外出することが多いです。それでも、学生時代の部活仲間や友人とのつながりを大切にしたいので、月1~2回は飲み会やドライブなどに出かけています。

Q3

最近のマイブームは?

車好きの私の影響か、息子もすっかり車好き。おもちゃのミニカー集めにハマっています。値段も手ごろなので、ついつい買ってしまうんですよね。時々、息子と2人で車の博物館にも行ったりしています。

Q4

座右の銘は?

「蓋棺事定」です。杜甫の詩に由来する言葉で「死んでからはじめてその人物の評価が定まる。また、生前の評価はあてにならない」という意味です。これに「過去を振り返らず、未来に向かって前向きに生きていけば良い」といった独自のポジティブな解釈を加えています。

Q5

プライベートで挑戦したいこと

学生時代、バックパックを担いで、東南アジアを周遊したので、今度はそれ以外の、行ったことのない国に旅行に行きたいです。異なる言語や異文化の中に飛び込むことは、それ自体が挑戦だと思います。

学生の皆さんへのメッセージ

就職活動期間中は、とことん自分と向き合って、自分のことを考え、知る、よい機会だと思います。自分は何が得意で、何がしたいのか。見聞きしたことの無い業界や企業であっても、業界研究や企業研究、企業訪問などで深く知っていくことで、意外な視点から自分のやりたいことや、自身の将来像が見えてくることもあるでしょう。
是非、周囲を巻き込むほどの熱を持って入社していただき、一緒にチームとして業務に取り組んでいきましょう。

MESSAGE