仕事・社員紹介

先輩社員一覧へ戻る

感謝の手紙を受け取り給付金業務の重要さを再認識。
給付金課 近藤 由貴

仕事内容について

お客さまの病気や怪我などの入院や、手術などに対して、契約内容に基づき、給付金をお支払いする業務を担当しています。保険金部では、お客さまから診断書などの書類を提出していただき、速やかに診断書など書類のデータ化、お支払査定、送金処理など一連のお支払い業務を行います。業務を円滑に進めるために社内ルールが定められていますが、速やかにお支払いする観点から、このルールを改善する活動に取り組んでいます。また、生命保険各社の給付金を担当する人たちで実施している勉強会にも参加し、適切な給付金の支払いについて、事例検討などを通して意見を交換しています。このほか、年間に支払った給付金額をまとめて報告する決算書類の作成、年間で支払う給付金の予定金額を明確にする予算策定にも関わっています。

成長を感じた瞬間

私は普段は本社で勤務しており、直接お客さまにお会いする機会が少なく、1日数十件におよぶ仕事にも慣れてきた入社2年目の春頃、給付金をお支払いしたお客さまから感謝の手紙をいただいたことがあります。「初めて病気になりとても不安だったが、速やかに支払ってもらい助かりました」という内容でした。病気や怪我で入院したり手術を受けたりすることは、人生を左右することもありうる重大事です。このお手紙をいただき、業務を行う事に少し自信がついた一方で、仕事への思いや配慮が不足している自分に気付き、改めてとても重要な業務であることを再認識し、1件1件のお支払いにより気持ちを込めるようになりました。

大同生命の魅力

一番の魅力は、働きやすい環境だと思います。ワークライフバランスに配慮した制度が整えられていて、その制度が確実に機能しています。例えば、大同生命では午後7時30分になるとパソコンが強制的にシャットダウンされます。週に1日は早帰り日として18時30分にシャットダウンする日も定められています。このため就業中は業務に集中し、オフタイムを充実させることができます。休暇も取得しやすく、周囲には出産休暇・育児休暇を取得して働いている人もたくさんいます。

学生の皆さんへのメッセージ

就職活動は多くの業界、会社、先輩社員に触れることのできる貴重な機会です。本やインターネットに情報は溢れていますが、それはあくまで他人の評価に過ぎません。自分の目で見て肌で感じることが大切です。説明会等に足を運ぶうちに、「この業界だ!」「この会社だ!」と感じる瞬間がきっと訪れるでしょう。その瞬間を楽しみに就職活動をしてみてください。

給付金課 近藤 由貴

キャリアパス

2011年 給付金課

WORK STYLE

PICK UP

ページトップへ