仕事・社員紹介

先輩社員一覧へ戻る

営業の経験も活かし、お客さまにも支社にも信頼される「査定」を目指す。
契約部 契約審査課 稲塚 秀樹

仕事内容について

契約審査課では、支社を経由して届いたお客さまの申込書の内容を確認し、ご契約の引受についての査定を行っています。査定には、申込書の記入内容に誤りがないか、またお客さまに合った保障金額になっているかなどを確認する「事務的な査定」と、健康状態に関する「医務的な査定」があり、私は主に事務的な査定を担当しています。大半の申込書は特段問題なくスムーズに処理が進みますが、申込内容に不備等があった際、迅速に判断し対応するのが私たちの役割です。自分たちが速やかに査定を行うことで、お客さまにより早く保障をご提供することができます。逆に査定が遅れると、お客さまだけでなく支社の営業担当者や連携する税理士事務所の方たちに迷惑をおかけすることになるため、責任の重さを常に意識しながら業務に取り組んでいます。また、営業担当者からの問い合わせも多く、お客さまに間違った回答をしないよう正確さと幅広い知識が求められます。こうした環境は厳しくもあり、同時に契約部だからこそ得られる経験や知識も多く、自分の成長のための貴重なチャンスを与えられていると感じています。

成長を感じた瞬間

入社して最初に配属されたのは大阪北TKC企業保険支社で、3年後に契約部に移りました。異動後の2年間は審査業務のルールづくりを行う契約企画課に所属し、その後、現在の契約審査課で仕事をしています。支社時代も本社に移ってからも、私は新たな業務に臨む際にはまず手本になる人を見つけ、その人のやり方を「真似る」ことを心がけてきました。自分の力だけで答えを見つけようとすれば時間がかかりますし、困難も多いと考えたのが理由です。さまざまな人の優れた点を真似、そこから自分に合うものを取り出して磨きをかけることで「自分の型」をつくってきました。その結果、営業での3年目には確かな成績を残すことができ、契約企画課でも他部署との調整力の向上などに成長の手応えを感じることができました。現在の契約審査課は、年次は下でもこの業務の経験は私より長い同僚ばかりで、後輩を含めて「手本」を見つけ真似を始めています。それと同時に営業を経験していることを活かし、支社と契約審査課の距離をもっと縮めたいと考えています。

大同生命の魅力

私の父はビルの管理会社を経営していたのですが、私が大学生の時に急に亡くなり、十分な保険に入っていなかったことから、会社も私たち家族も大変な困難に直面しました。就職の時期を迎えて金融業界を中心に検討するうえで、大同生命の事業内容を知って強い興味を持ったのも、父が亡くなり苦労した経験があったことは間違いありません。営業担当でも契約審査でも、「自分のような苦労を少しでも減らす」ことに寄与している手応えがあり、それが大同生命で働く魅力になっています。実際、営業時代にはご契約いただいた数カ月後に社長さんが亡くなられ、その際お支払いした保険金を会社の存続に役立てていただいたことがありました。税理士先生を通じて「保険のおかげで、お客さまは本当に助かっています」と伺った時、本当に嬉しかったのを覚えています。

学生の皆さんへのメッセージ

興味のある企業を見つけたら、まずその企業で働く社員の方に会って話をしてみてください。先輩社員に会って話すことで、その企業で自分が働いた時のイメージを描くことができ、職場の雰囲気を知ることができます。さらに、出会った社員の方に魅力を感じ、その人と働きたい、こんな人になりたいと思えば、その会社はきっと本命候補です。私もホームページなどの情報で、中小企業向けの企業保険を主力にしていると知ったのが大同生命に興味を持つきっかけでしたが、決め手は社員の方たちと話し「こういう人たちと一緒に仕事がしたい」と思ったことでした。今は社員として就活中の学生の皆さんと話す立場になりましたが、会社の良いこと悪いこと、大同生命には直接関係ないことも、質問には正直に答えています。あまり構えず就活の先輩、社会人の先輩として話をすればよいと思います。

契約部 契約審査課 稲塚 秀樹

キャリアパス

2012年 大阪北TKC企業保険支社

2015年 契約部 契約企画課

2017年 契約部 契約審査課

WORK STYLE

PICK UP

ページトップへ