仕事・社員紹介

先輩社員一覧へ戻る

海外ファンド等への投資にかかわる会計・税務。手厚い研修で高度な専門性を身につけた。
市場投資部 証券業務課 武久 太一

仕事内容について

市場投資部は、資産運用部門に属する部署で主に国内外のプライベート・エクイティ・ファンド等への投資にかかわる会計・税務業務を行う部署です。その中で私は入出金にかかわる会計業務や投資先の四半期報告書の内容を当社決算に取り込む税務業務、モニタリングを委託している関連会社との連絡等を担当しています。投資先の大半が海外のファンドであるため業務上のやり取りは英語でのメールが中心であり、かつ私自身入社するまで会計・税務に関して全く学んだことがなかったため、入社当時はあらゆる業務に大変苦労しました。また、資産運用についても入社するまでほとんど知識のない状態だったため、この部署で1 年半働き非常に多くのことを学ぶことができていると感じています。プライベート・エクイティ投資は主に非上場の株式を投資対象としています。それらの中には先端のテクノロジーを持った企業や新しい分野で活躍する企業など様々なジャンルの企業があり、ファンドを通してこうした優れた企業を知ることができる点がこの仕事の面白みだと思います。

成長を感じた瞬間

私は仕事をする上で、好奇心や向上心を持って、業務の周囲にある幅広い知識を蓄積し、それを実際の業務に生かすことが重要だと考えています。関連する知識や業務を効率化するためのノウハウ、一つひとつの業務の背景にあるたくさんの情報については、自ら積極的に調べなければ身に付けることはできません。しかし、それらを身に付けることで部署や会社の利益につながり、最終的に自身の成長として返ってくるのだと思います。こうした考え方は、上司や先輩の仕事に対する姿勢から実際に感じ取ったことです。上司や先輩を見習い、多くの情報を集め自らの能力を高めることを意識して仕事に取り組んでいます。

大同生命の魅力

大同生命の魅力は新入職員の育成方針にあると思います。私は入社するまで資産運用や会計・税務の知識を全く持っていなかったため、資産運用部門でしかも英語でのやり取りの多い部署への配属と聞き、非常に不安を感じていました。しかし、部門での運用知識や英会話の研修、資格取得の援助制度、若手の先輩によるOJT 制度などのおかげで、専門性が高い現在の業務を遂行することができるようになりました。上司や先輩は初歩的な質問に対しても丁寧に説明してくれます。会社の中に新人を育てようという共通の認識があるように感じています。

学生の皆さんへのメッセージ

就職活動は様々な企業の社員に出会うことのできる数少ないチャンスです。会社の業績や事業内容だけでなく、その会社の社風を知る意味でも、なるべくたくさんの企業の社員と話すことが大切だと思います。就職は今後の人生を左右する大きな別れ道だとは思いますが、気負うことなく好奇心を持って活動することで、自分に合った企業を見つけることができると思います。

市場投資部 証券業務課 武久 太一

キャリアパス

2011年 市場投資部

WORK STYLE

PICK UP

ページトップへ