仕事・社員紹介

先輩社員一覧へ戻る

法律以外にも、幅広い知識が求められる。「法務のプロフェッショナル」になりたい。
コンプライアンス統括部 法務課 植松 亮

仕事内容について

法務課では、営業部門や保険金支払部門などが適切に業務遂行できるよう、保険会社が遵守すべき法律について管理・研究・指導する仕事をしています。その中で私は、主に本社部門が発案した営業施策や商品企画について、法律違反がないか審査する業務や、法律改正に沿って会社の事務フローを修正する業務を担当しています。審査業務は、営業から資産運用まで対象が多岐に渡り、法律以外にも商品・会計・運用など幅広い知識が求められる非常に難しい業務ですが、会社全体の動向を把握することができます。また、上司や同僚と法律解釈について議論したり、本社部門の担当者と施策の内容について調整したりする仕事は非常にやりがいがあります。同時に、一つの判断ミスが会社に大きな損害を与えかねないため、責任感・緊張感をもって取り組んでいます。上司や先輩と比べて法律の知識が十分ではなく勉強の毎日ですが、一日でも早く「法務のプロフェッショナル」となり、より大きなプロジェクトに関われるよう日々努力しています。

成長を感じた瞬間

「『頑張ります』という言葉はいらないから、具体的にどう頑張るのかを教えてほしい」。営業をしていた時の上司に言われた言葉です。成果が出ない時に、私はよく「頑張ります」という言葉を使っていました。その時に、「具体的に何を頑張るのか、そのためにどのように行動に移すのかを教えてほしい」と言われ、私は言葉に詰まってしまいました。その時に、自分はただ口先だけで「頑張る」という言葉を使っていて、具体性がないために、物事もうまく進まないのだと気付かされました。それ以来、「○○をするために自分はこうしようと思う」ということを具体的に伝えたうえで、ホウレンソウ(報告・連絡・相談)をするようになりました。

大同生命の魅力

大同生命は若手にも責任ある仕事を任せる会社です。最初に配属された営業部門では、15の会計事務所を担当しました。自分で考えながら、会計事務所の体制を作っていけるので、責任は重大ですが、やりがいがあり、成長できる仕事でした。また人にも恵まれています。仕事では厳しい指導もありますが、ふだんは上司や先輩とフランクに話ができます。会社のサッカー部にも所属し、活動を通して多くの方と交流、充実した会社生活を送っています。

学生の皆さんへのメッセージ

就職活動では、働くうえでの「優先順位」をつけることが重要です。「仕事内容」「勤務地」「福利厚生」など、働くためのモチベーションになる要素は、人それぞれ違います。何を最も大切にしたいのかを十分に考え、それが実現できる会社を探しましょう。そのためには、「自分としっかりと向き合うこと」「たくさんの会社を見ること」が重要だと思います。

コンプライアンス統括部 法務課 植松 亮

キャリアパス

2009年 神奈川TKC企業保険支社

2012年 コンプライアンス統括部 法務課

WORK STYLE

PICK UP

ページトップへ