仕事・社員紹介

先輩社員一覧へ戻る

生命保険会社の公共性を意識し、「良い保険会社」にするために動く。
企画部 企画開発課 野原 和久

仕事内容について

私の所属する企画開発課では、金融庁や生命保険協会の窓口業務を主に担当しています。保険業は一般に「公共性を有している」と言われており、国民経済などに与える影響も大きいことから、保険会社は金融庁の検査・監督のもと業務を行っています。また、生命保険協会では、生命保険業の健全な発展および信頼性の維持を図ること等を目的として、自主ガイドラインの策定や、生保各社の好取組み事例などの情報共有を行っています。これらの業務が円滑に行われるよう、金融庁・生命保険協会と当社の各部署の橋渡しや、監督規制等の動向調査を行うのが私の仕事です。業務の範囲は、募集関係やコンプライアンス、契約管理、資産運用、リスク管理など、生命保険業のあらゆる分野に及びます。常に勉強や情報収集が欠かせませんが、お客さまに信頼いただける保険会社になるために、なくてはならない存在として、やりがいを感じています。

成長を感じた瞬間

支社勤務時代は、会社の研修や上司の指導を通じて学んだマニュアルやルールに則って、がむしゃらに取り組んできましたが、そもそもマニュアルやルール自体に疑問を持つことはありませんでした。ところが、異動した企画開発課では、メンバーの誰もが「おかしい」と感じたことは、すぐに所管の部署に相談し、マニュアルやルールを改善しようと積極的に提案していました。日頃から金融行政や他社の好取組み事例などに「興味のアンテナ」を張り巡らせて、当社に取り入れることに貪欲なのです。「良い保険会社にしたい」という思いの強さだと感じています。言われた仕事を黙々とこなすのではなく、良い会社にするために、常に考え、積極的に提案することが大切だと痛感しました。

大同生命の魅力

大同生命の魅力は、若手の意見をよく聞いてくれることです。むしろ、意見が言えないと務まらない、といったほうがいいかもしれません。上司や他部署から頻繁にアイデアを求められるので、常に準備しておくようにしています。気がつけば電車や風呂の中でも考えていることがあります。また、大同生命は、何事も真面目にコツコツ積み上げる会社だと感じています。長年に渡って中小企業の経営者様や、税理士の先生方に評価をいただいているのは、堅実な社風にあるのではないかと考えています。

学生の皆さんへのメッセージ

CMやネットなどの媒体を通じて、さまざまな企業メッセージが溢れています。それらは就職先選びの判断材料になりがちですが、必ずしもその会社の本質を正確に表現しているとは限りません。できるだけ、その会社の商品やサービスに直接触れ、従業員とも直接話をし、そこで感じた自分自身の評価を、一番大切にして欲しいと思います。

企画部 企画開発課 野原 和久

キャリアパス

2009年 京都税理士共済支社

2012年 企画部 企画開発課

WORK STYLE

PICK UP

ページトップへ