• TOP>
  • 挑戦を支える大同生命の独自性

挑戦を支える大同生命の独自性

大同生命は「最高の安心」と「最大の満足」をお届けする
生命保険会社を目指し、走り続けています。
挑戦する企業とそこで働く人々を支え続ける
大同生命の独自性を紹介します。

01 日本企業の99%以上を占める中小企業を支える

大同生命は日本企業の99%、
数にして409万社を超える中小企業をマーケットに
サービスを提供しています。

日本の
企業数約
0.0万社
うち
中小企業
0.0万社

出展:総務省「2014年経済センサス基礎調査」

大同生命の新契約高の95.5%が
中小企業マーケットからのご契約です。

企業市場契約
0.0
個人市場契約
0.0

※大同生命における新契約高の内訳(2016年)

02 中小企業の経営者に生命保険が必要な理由

中小企業の経営者のお仕事とは

経営者は全ての仕事に携わっていることがほとんど。
多くの中小企業の経営は、経営者の手腕で成り立っています。

そんな経営者が不在になったら?



さまざまなリスクを抱える経営者に万が一のことがあった際にも事業を維持し、
従業員やご家族を守るために保険の備えは欠かせません。

03 大同生命が提供するトータル保障提案

 
死亡リスク
就業不能リスク
法人
死亡保障
身体障がい状態による
就業不能保障
重大疾病保障
ケガ・病気の保障
個人
死亡保障
介護保障
ケガ・病気の保障

高齢化や医療技術の進歩による経営者の現役期間の長期化を踏まえ、
死亡リスクだけでなく、就業不能リスクに対応する商品の提案も行なっています。
また、経営者個人としての死亡や介護リスク等を含めた
「法人・個人のトータル保障提案」に力を入れて取り組んでいます。

05 安心をお届けするための独自の販売体制

大同生命では、多数の企業および公認会計士・税理士を会員とする各種団体と提携しています。
団体を通してお客さまに保障をお届けできる販売体制を構築することで、
他社との差別化を図り、お客さまの「最高の安心」と「最大の満足」を追求しています。

05 安定した経営基盤

大震災や株の大暴落等、通常の予測を超えて発生するリスクに対応できる「支払余力」を有しているかどうかを判断する行政監督上の指標の一つが『ソルベンシー・マージン比率』です。大同生命では、健全性の指標である200%を大きく上回っています。

新契約高
01000億円

保有契約高
08480億円

保有契約高
09680億円

05 国内生保初の株式会社化・持株会社化

05 業界初!医療用HAL®を活用した保険商品の発売

大同生命はサイバーダイン株式会社と業務提携し、難病治療を保療する「HALプラス特約」を発売しました。
「重介護ゼロ®社会」を目指すサイバーダイン社と「健康経営®の普及」に取り組む当社は共通の経営理念を有しており、今後、両者の幅広い事業分野でシナジーを発揮し、「人々の健康で豊かな社会づくり」に貢献していきます。

詳細はこちら

05 健康経営®の普及に向けた取組み -DAIDO KENCOアクション-

当社は中小企業による「健康経営®」の実践を支援することで、
中小企業とそこで働く人々が活き活きと活躍できる社会づくりへの貢献と、
わが国の高齢化社会が抱える課題解決への貢献を目指しています。

詳細はこちら
詳細はこちら

ページトップへ