• 大同生命について
  • 大同生命の独自性
  • 大同生命の歴史
  • 新しい働き方

仕事・社員紹介

スペシャルコンテンツ

採用情報

  • TOP>
  • 大同生命について  >
  • 新しい働き方 DAIDO-style

新しい働き方

大同生命では、従業員がやりがいを持って活き活きと働き続けるためには、男女問わず一人ひとりが仕事にやりがいを感じつつ、仕事と家庭を充実させることのできる「働き方の刷新」が必要と考えています。



DAIDO-ココ・カラ -「健康経営」の実践・促進-

早帰り推進
■早帰り推進

パソコンの自動シャットダウンや本社ビル消灯等により、スタッフ層は19時、管理職については遅くとも19時半までの退社を徹底しています。また、月2日は「早帰り日」として、18時までの退社を推進しています。

早帰り推進
■在宅勤務

育児・介護中の職員のほか、通勤時の負担が大きい妊娠中の女性への活用も促進し、生産効率の向上とワーク・ライフ・バランスの推進に取組んでいます。

早帰り推進
■有給休暇の取得推進

5営業日を含む7日間の連続休暇を計画的に取得する「計画年休」制度のほか、毎月1日以上の休暇取得を奨励する「プラスワン休暇」制度等を通じ、有給休暇の取得促進を図っています。

ウェアラブル端末の提供
■ウェアラブル端末の提供

日々の健康管理を支援する観点から、普段の活動状況を可視化できるウェアラブル端末を従業員に提供。スマートフォンの専用アプリで一日の活動や睡眠など確認できます。

DAIDO-style ー 新しい働き方 ー

大同生命では、性別や年齢に関わらず、多様な人材が働きがいを感じながら能力発揮できる風土づくりを進めております。職場環境の整備に取り組み、新本社では、ITツール・オフィス環境をフル活用し、役職員一人ひとりが仕事を心から楽しみ、能力を最大限に発揮できるDAIDO-style(新しい働き方)を実践しています。

Web会議・TV会議
■Web会議・TV会議

ノートPCを使用して各拠点をつなぐWeb会議により、いつでもだれとでも自由なコミュニケーションをはかれます。また、資料はすべて共有の環境からノートPCで確認するため印刷や配布も不要、必要な情報もその場で確認でき、事前準備の負担を軽減。スムーズな会議運営を実現します。


ナレッジ共有-社内SNS
■ナレッジ共有-社内SNS

各自の電話を固定電話からスマートフォンに変更し、離席時の電話取り次ぎ・伝言メモを削減するなど業務を効率化し、生産性を高めます。また、社内SNSを活用したメンバー間で効果的・効率的に情報を取得し、コミュニケーションの活性化・意思決定のスピードアップを図ります。


モバイル営業端末 「エース・ウィズ」
■モバイル営業端末「エース・ウィズ」

提案書やパンフレットなどの電子化された資料と、表現力の優れた動画提案資料により、お客さにより分かりやすいご説明を行います。また、生保業界で初めて、法人のお客さまの端末手続きを実現して、お客さまのご記入・押印を大幅に削減し、手続き時のお客さまのご負担を軽減しました。この申込手続きデータを端末から直接送信することで、書面の確認や送付などの中間事務を軽減し、事務処理を大幅に削減しました。


機能的なオフィス

コラボレーションエリア
■コラボレーションエリア

100 名程度が集える「コラボレーションエリア」は、部門や世代の壁を越えたコミュニケーションを促進します。ファミレス型の「ボックス席」や、プロジェクター投影可能な「フレーム席」など、ミーティングの目的に応じて選べる多彩な什器を配置し、自由な発想や意思決定の迅速化を図ります。

ワークフロア
■ワークフロア

執務スペースにおいても、周囲の雑音から離れて作業に集中できる「集中スペース」、ちょっとしたミーティングが即座に行えるテーブルなど様々なワークシーンに対応しています。

両立制度の充実

プラチナくるみん認定 取得
■プラチナくるみん認定 取得

結婚や出産、育児等のライフイベントに関わる女性の継続就業を支援するため、各種両立支援制度を用意しており、女性はもちろんのこと、男性も多くの社員が制度を利用しています。

これにより、大同生命は「子育てサポート企業」として厚生労働大臣の認定(くるみん認定)を受けた企業のうち、両立支援制度の導入や利用が進み、高い水準の取組を実践する企業を対象に、平成27年度より新たに開始され特例認定制度『プラチナくるみん』に認定されています。

プラチナくるみん

制度を知る

プラチナくるみん

制度を知る

イクメン企業アワード2015グランプリ 受賞
■イクメン企業アワード2015グランプリ 受賞

大同生命では、性別や年齢に関わらず、多様な人材が働きがいを感じながら能力発揮できる企業風土づくりを進めております。労働時間の縮減に向けた取組みや、ITインフラを活用した「仕事のスリム化」、両立支援や働き方刷新に向けた一連の取組みを行っており、その実績が認められ、生命保険会社で初めての「イクメン企業アワード」グランプリを受賞しました。
男性の育児休業取得率100%(平成26年度)等、男性の育児と仕事の両立を積極的に促進する企業として、評価を受けています。

IKUMEN AWARD 2015

「イクメン企業アワード」の概要
「イクメン企業アワード」の概要

厚生労働省が主催する育児を積極的に行う男性=「イクメン」を応援し、男性の育児休業取得を促進するイクメンプロジェクトの一環で、男性の育児と仕事の両立を積極的に促進し、業務改善を図る企業を表彰する制度です。

IKUMEN AWARD 2015

■健康経営優良法人~ホワイト500~に認定

大同生命では、従業員が心身ともに健康で活き活きと働ける職場の実現に向け、リミット20(20時までに退社)や早帰りデーなどの労働時間縮減への取組みや、心拍数・歩数など普段の活動状況を測定できるウェアラブル端末の提供、禁煙デーの設定など、従業員の健康増進を図るための各種取組みを行っています。
その実績が認められ、第一回認定の大規模法人部門(ホワイト500)において「健康経営優良法人2017」に認定されました。

健康経営優良法人認定制度の概要

経済産業省が従業員の健康増進に取り組む「健康経営」の普及を目的に、特に優良な「健康経営」を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

ページトップへ